下半身不随になった母を懸命に介護する息子は夜になると母をオナホールにする!

息子が○○生のときに、半身麻痺となった母。以来夫も身内もいない母の食事から風呂や下の世話など、全ての世話を息子がしてきた。月に一度の女医による問診では全裸で隅々まで調べられ、露になった母の豊満な肉体へ熱のこもった視線を注ぐ息子に、母はある危惧を感じていた。「このままでは間違いが起こってしまうかもしれない…」母は訪問介護士を雇うことにしたのだが、それが間違いのはじまりだった…。

介護と性のはざまで…城エレン

動画はこちら [ 外部リンク ]
タイトルとURLをコピーしました