豊満な母親をゴムもつけず性処理便器として使う性欲モンスターな息子

息子の自慰行為を見ていたことが息子にバレてしまった母。その場しのぎに「何なら母さん手伝ってあげようか?」という一言が息子を性欲モンスターにさせてしまう。豊満な乳房を吸われ、マ●コに指を突っ込まれると我が子といえどもカラダが反応してしまい、思わず腰を浮かせて股間を湿らせてしまう。夫以外のチ●ポを久しぶりに咥え膣内に迎え入れると、手や口を使って射精に導くのだった。その後、母のカラダの味が忘れられない息子は父親にバラさないことを理由に再度母と関係を持ってしまう。息子の動物のような激しい腰使いに母は何度も昇天し、一度っきりの約束が自ら息子を求めてしまうのだった。

性欲モンスターの息子に溺れていく私 篠崎かんな

タイトルとURLをコピーしました